また2ヶ月

気がついたら前回の投稿より2ヶ月が経過していた。



 まあ、それは大した変化がないということを表しているのかもしれぬ。変化がないわけではないのであるが。

 長い間忘れていた恋心のようなものが最近出てきている。恋心とはっきり言えるのかワタクシも自信がないのであるが、形容するならばそうなのだと思う。初めてお会いした時には可愛らしい女性と思った。しかしお会いする回数を重ねていくうちに非常に魅力のある女性であることにやっと気付いたのである。しかし垣根は高い。いや、高すぎる。年齢はワタクシより一回り以上お若いであろう。お若くてもしっかりしている方である。さらには禁じられた恋、絶対に叶わぬ恋(とも言えぬのかもしれぬが、非常に難しいことに変わりはない)である。先方の立場は通院先の医療事務、ワタクシは一患者、しかも精神科の患者ときたものである。これは禁忌と言って差し支えないだろう。

 これが他科であればあり得なくはない。内科や整形外科、歯科なら全然問題ない(と思う)。しかし精神科やメンタルクリニックとなるとそうはいかない。表向き治療に影響する。実はそれ以外にもあり、(患者側が)ストーカー化する可能性も否定できない。ある意味で偏見が入っているようにも思えるが、、、。少なくとも精神科に携わるものとして(患者さんと恋愛関係にならないよう)教育を受けると主治医から聞いたことがある。
 ということでせめてご尊顔を拝するくらいと思っていたのであるが、なんとお見かけしなくなってしまった。誠にがっくりである。辞めたのではなく配置転換のようである。ひょっとしてワタクシが影響していたりするのだろうか?。考えすぎ、肥大化した自己愛のような気もするが、、、。

 ワタクシ、本当に異性間の関係、ことに恋愛の世界とは遠い遠い距離がある。それは数億光年もの距離ではないかと思ったのであった。そして一生独り身なのかもしれぬとの思いがまた強くなったのである。

 もしも、尤もそのようなことは通常考えにくいのであるが、相手の方にワタクシと友達からでも良いのでお付き合いをしてくださる意思がおありならば、ともにタブーに挑んでみたい!とも思う。誠にご愁傷様な庵主である。嗚呼、やはり恋煩ゐか。

[PR]
by donkeys-ear | 2018-06-11 23:43 | 心のヤミ