Alone Again (Naturally)

言わずと知れた有名な曲である。




 ワタクシは洋楽に親しみがなかったためなかなか曲名を知るのに苦労したが、何度も耳にしたことのある曲である。軽快なサウンド、耳に心地良い声。かなりの名曲である。

しかしこの曲の歌詞を知ると愕然としたのであった。特に前半である。
I promise myself to treat myself and visit a nearby tower.
and climbing to the top will throw myself off

 ワタクシは英語に明るくないが「近くの塔に登り身投げする事を自分自身に誓った」という意味になると思う。そして要所要所で alone again naturally と繰り返されるのである。

 今のワタクシの心境に近いものがある。「また一人になってしまった」。まさにその通りである。

 しかしこの曲は、自殺をほのめかすことで暗い気分になるのではなく、イギリス的ユーモアでこの主人公に同情をよせると言うのが本来の意味のようである。

 ワタクシという一人のピエロ役も含めて、イギリス的ユーモアでもって歌い紡がれる曲なのだと思う。


 とはいえ、また一人なのは事実である。何年続くのあろうか。満たされた気持ちになったのはほんの一瞬であった。また孤独の日々は続く。悲しいかな、我が人生。満たされる日は再び来るのだろうか?。恒常的に満たされることはあるのだろうか?。

YouTube Alone Again (Naturally)
YouTube Alone Again (Naturally)歌詞入り
[PR]
by donkeys-ear | 2014-01-30 00:37 | 好きな楽曲