予感

本日になって突然ある予感がした。




 どんな予感か。それはワタクシは年内に死ぬであろうということである。希死念慮はあれど自殺する勇気など無いワタクシであるから、自ら命を絶つことはないと思うが、年内に死ぬような予感がして仕方がない。

 恐怖感は全くない。やっと迎えが来るのかといった感じである。生きていたって良いことがほとんどないのだ。昨日などまさにその通りである。

 うつによる希死念慮が憎悪しただけかもしれぬが、そうとも思えないのである。どこか高みの見物というか、第三者として見ているような気分なのである。まあ、乖離なのかもしれぬが、、、。相当なダメージを負ったのは確かだし。

 ワタクシの予感、結構な的中率であるから、本当に年内にこの世からさようならすることになるかもしれぬ。それも人生である。
[PR]
by donkeys-ear | 2014-01-02 23:00 | 心のヤミ