事務連絡など

本日はたいしたこともせず、事務連絡をして終わった。




 この前の週末か今週辺りに知り合いのところへ訪ねていく予定があった。
が、先方と連絡がうまくとれず、さらにワタクシの方に予定がいくつか発生したため、延期とした。
昨日連絡したところ、こちらの予定に合わせてくださるようなので、決まり次第連絡することになった。

 で、ワタクシに発生した予定であるが、重要な案件として週末に1件ある。それまでにもう1件こなす必要がある。重要な件はアポイントを取る必要があるため本日連絡をした。
もう一件は簡単な事務手続きであるのでその場へ行けば直ぐに終わる。明日の午前中にでも済ませたいところである。
 また別件で連絡を入れ忘れていたところへ電話をした。話によると順調とのことであった。一安心である。

 以前から何度も書いているが、ここしばらくのワタクシは自分で自分の状況をあまり把握できていない。何かをやろうとしても優先順位がうまく決められない状況である。ところが本日のワタクシは少し余裕があったのかもしれない。いくつかを片付けられた。

 話は全く変わるのだが、本日生まれて初めて個人輸入で買い物をした。金銭面での不安を抱えているにも関わらずこの行動に至った理由は、円高であること、機会を逃したら二度と手に入らないかもしれないこと、欲しい商品が安価であること、数年前から目を付けていたこと、予算のめどが立ったことなどがあげられる。
 高価であれば先送りし続けたであろう。予算がなければ端から無理なのである。とは言いながらも我ながら暴挙かもしれぬとも思う。

 まあ、買ってしまったのだから今更何を言ってもどうにもならない。と言うことで正当化してみる。
 たぶん、今までとは違ったことにチャレンジしてみたかったのだと思う。
少なくとも今までのワタクシであれば個人輸入などとてもできなかったであろう。できたとしても代行輸入が関の山である。ところが、本日(もう昨日か)のワタクシは不思議と行動に至ったのである。代行だと手数料も発生する。ここをケチったことは財政難だったからこそとも言えるかもしれぬ。厳しい条件だったからこそ「いっそのこと」と踏ん切りがついたのかもしれぬ。或いは「思ったより簡単だよ」と知り合いから助言をもらったこともあるだろう。

 海外からの発送であるため不安も残る。無事に届くまでは心配であるし、届いたところで壊れていたら相手と交渉しなければならない。金額的に関税はかからないと思うが、それだって実際には解らない。しかし「なるようになる」との思いと若干の余裕が生まれたことで、今回その手続きを取ったのである。

 やはり以前のワタクシとはだいぶ変わってきている。しかし、話はまとまってないなあ…
[PR]
by donkeys-ear | 2010-08-27 01:54 | 心のヤミ