いきなり訂正

昨日書いたベルサイユのバラ。正しくは「ベルサイユのばら」のようである。謹んで訂正します。




 まあ、こんな事いちいち訂正しなくとも良いのかもしれないが、これがワタクシのパーソナリティなんだろうと思う。間違いがあってはならないという考え方。そしてあくまで中立公平なものの言い方。これも生涯変わらないスタンスなんだろうと思う。テキトーになることで多少の変化はするが、基本は変わらない。自ら認め、受け入れることが重要である。

 例によって話は変わるのだが、ベルサイユのばらのオープニング曲などを YouTube で見ていた。やっぱりシリアスな印象。今の時代、シリアスな内容のコミックってあるのだろうか?。

ついでと言ってはなんだが他のアニメーションのオープニング動画なども見てみた。

 はいからさんが通るのオープニング曲がフルバージョンであったので見てみた。
テレビで放映されたのは1番だけである。その歌詞はなんとなく記憶にあった。「懐かしいなぁ」と思いながら見ていたら2番の歌詞は思っていたよりシュールである。流れないことを承知で作ったのだろうか?。



今の時代、こんな歌詞で出したら非難囂々かもしれぬ。
歌詞はこちら
はいからさんが通る

 個人的にこの曲はなかなか印象的な曲である。
話題独占 人気独占
この辺りは韻を踏んでいる。
その後ピアノの不協和音がこれまた特徴的。決して明るい曲調ではない。
歌詞全般はお茶目な内容であるが、曲が割と暗めなので対照的で面白い曲の一つだと思う。

 昔のアニメ主題歌は調べてみたら「え〜、この人が作詞(作曲)したの?」とビックリする曲もある。
その一つにデビルマンのうたがある。



1分を過ぎた辺りで作詞者と作曲者が表示される。作詞は泣く子も黙る阿久悠さんである。
名曲を沢山残して亡くなられた。実に惜しいがこればかりは仕方ない。
エンディング曲は作曲が都倉俊一さんである。豪華すぎる。

歌詞は同じくこちら。
デビルマンのうた

 デビルマンのうたの歌詞、
デビルアローは超音波 デビルイヤーは地獄耳
デビルウィングは空をとび デビルビームは熱光線

と、こちらも韻を踏んでいる。さらに2番は素晴らしい。
デビルチョップはパンチ力 デビルキックは破壊力
デビルアイなら透視力 デビルカッターは岩砕く

最後の岩砕くは普通なら○○力と作りそうな物であるが、さすがに阿久さんである。この変化が素晴らしい。最も○○力とたとえるのも難しい。切断力では面白くない。

 今日もどこかでデビルマンも永遠のテーマであると思う。


歌詞はこちら
今日もどこかでデビルマン
人の世に愛がある 人の世に夢がある
この美しいものを 守りたいだけ

 今の世に欠けている事を30年以上前にサラッと書いている。先見の明があるのかもしれないし、世間が忘れてしまっただけなのかもしれない。
 どちらにせよ今、問われている問題でもある。この国を誰が守るのか?。当然国民一人一人である。米国との協力は重要であるが、いつまでも守ってもらおうというのは子供と同じである。あ、現実的なことを書いてしまった。まあ、いいか。

 実は、どの作品もリアルタイムで見ていない。再放送や再々放送を数回見た程度。であるので全然詳しくない。

 今までと全然趣が異なる内容であるが、どの世界でも興味を向ければいろんな事が見えてくるって事だろうと思う。と言いながら、あんまりアニメやコミックには興味ないのが本音である。
[PR]
by donkeys-ear | 2010-08-08 23:38 | 心のヤミ