抵抗

たぶん、治療抵抗みたいなものもあるのだと思う。




 何を突然と思われるかもしれない。しかし突然でもない。
内省が進まないのはワタクシの心のヤミに触れたくないって事なんだろうと思う。かなり前からそれに気付いていたのだが、表だっては書いていなかっただけの話しである。書いたかもしれないけど。

 本日は晴れたこともあって、やらねばならぬ事シリーズの一つにまた手を付けた。前回の続きでもある。あとはテスト含めてしばらく経過観察である。

 今のワタクシにとって行動する事とは、考えない事でもある。内省せずに済むとも言える。まあ、やらねばならぬ事であり、いつかは手を付けねばならぬ行動なのである。タイミングが良かったのが理由となり、行動化できたのである。これはこれで良い事でもある。
 とにかく一つ事は進んだのである。やらねばならぬ事はまだまだある。と言うことで行動化しようと思えば沢山ある。できるかどうかはまた別の次元である。

 先生は「そういう時も必要だからね」と言っていた。ワタクシもそう思う。行動化することにより頭でっかちにならずに済む。しかし、ココロの奥底の問題が解決するワケでもない。で、こんな事を考え出すとキリがないのも承知済みである。最近よく書いているが " loopy " になってしまうのだ。

 なんだかスッキリしないと言うのが正直な感想である。尤も、そう簡単にスッキリする問題では無いことも解っている。時間をかけてゆっくりと紐解くより外ないのだろう。ひょっとすると生涯解けぬ謎かもしれぬ。

 話を変えよう。体力的に疲れても、足の痺れは出るようである。それに伴い耳の閉塞感も若干増すようだ。体力を付けることも必要ということだろう。
 今のワタクシは生命を維持するだけでギリギリの体力なのかもしれない。元々運動嫌いでもあり、体力増強にあまり関心を払ったことがない。これではいけないように思う。でも、何かをする気にもならないのである。暑ければ余計そう思うのである。

 いつも以上にワケの解らぬ内容になってしまった。
[PR]
by donkeys-ear | 2010-07-08 23:23 | 心のヤミ