予定はほぼこなした

たった今、帰宅した。午後からお出かけだったのである。




 本日の予定は品物を受け取りに行くことであった。2カ所からである。
1カ所目は余裕を持って出るはずが、色々と時間がかかってしまい出発予定時刻を大きく過ぎていた。到着予定時刻を1時間ほどのばすこととし、先方へはその時間を連絡した。が、道に少々迷ってしまい到着予定時刻をも少し過ぎてしまった。でも、営業時間内であったので良かったのだと思う。
 リクエストした品物数点を受け取り支払いを済ます。あっという間に終わってしまった。忙しそうだったのであまりお話しできなかったのが少々残念であったが、また機会があったら利用させていただこうと思うところであった。非常に良心的なお店である。

 もう一カ所。こちらは趣味仲間のご自宅である。約束の時間までかなり間があったので適当に過ごしながら現地へ向かった。これまた全然知らない道である。途中で地図を広げたり、夕食をとったりしながら第二の目的地に到着。こちらはほぼ予定通りの時間に到着した。以前のワタクシだったら非常に苦手な場面である。ところが、なんとかなった。なんだかそんな気分になることができたのである。

 問題はここからである。必要な物は自らの手で取り外す必要がある。これが思っていたのと違い大がかりになってしまった。終わった時には既に日時が変わってもいた。なんとか積載し、帰路につくこととなった。

 こちらのご主人、ワタクシは頭が上がらない、足を向けて眠ることができない方の一人である。
いつもお世話になりっぱなしで大変ありがたくもあり、申し訳なくも思うのだが「そんなこと気にしなくてイイんだよ」と仰ってくれる。いつかはこのご恩をお返ししたいと思っているが、それがいつになるのか自分でも解らない。そしてこれもまた「気にしなくて」と言われてしまいそうである。本日帰り際に「そんな気を遣わなくてイイんだよ」とまで言われてしまった。でも、やっぱり恩は恩だとワタクシは思うのである。ワタクシに何もできなくとも、感謝の気持ちだけはお返ししたい。ワタクシにできることがもしあるのなら、何かをさせていただきたいのである。

 時間も遅くなってしまったので、帰りは慌てず騒がずゆっくり帰ってきた。が、ゆっくり過ぎたのか疲労が出たのか、道を間違え大回りして帰宅。で、この時間に blog を書いているのである。

 さて、あとは薬を飲んで寝るだけだ。明日は昼頃まで寝ていても良いだろう。やりたいことは沢山あるのだが身が保たぬ。
 客観的に見れば、明らかにうつ状態ではない。これが普通の状態(健康的精神状態)か、やや躁的な状態かの判別ができない。どこか躁的ではなかろうか?と感じてはいるのだが。今度の外来で話しをしてみよう。
[PR]
by donkeys-ear | 2010-06-26 03:48 | 心のヤミ